注文住宅で1度も使っていない設備の魚焼きグリル。オプションでグリルレスキッチンにすれば良かったなと後悔。

注文住宅で1度も使っていない設備の魚焼きグリル。オプションでグリルレスキッチンにすれば良かったなと後悔。

我が家のキッチンはLIXIL(リクシル)のシステムキッチンです。我が家の建築会社さんはキッチンに力を入れている会社さんだったので自動水栓が標準だったり使い勝手はすごく良いのですが、1点だけ住んで4年間、1度も使っていない設備があり、それが「魚焼きグリル」です。

もともと使うつもりがなかった魚焼きグリル、その理由

洗い物が面倒

グリルはアミや受け部分も凹凸が多く洗いにくい

フライパンなどは凹凸も少なく、洗剤で洗ったり濯いだりするのも楽なのですが、グリルはアミや受け部分も凹凸が多く洗いにくいです。

清掃が面倒だし、行き届かない

魚焼きグリルを使いたくない1番の理由は掃除が面倒という部分です。魚も調理するとかなりの脂が飛ぶのでグリル内の清掃は小まめにしておかないとベタベタになってしまいます。

また、細かい部分までキッチリ清掃するのは難しく、ニオイも残ってしまったりするのも懸念点です。

フライパンでも魚は美味しく焼ける

フライパンでもキッチンペーパーを敷いて、余分な脂を吸い取って焼くと十分においしく焼くことが出来ます。

4年経っても新品のようにキレイ

4年間、1度も使っていないので、我が家の魚焼きグリルは新品のようにピカピカ

4年間、1度も使っていないので、我が家の魚焼きグリルは新品のようにピカピカです。

LIXIL(リクシル)にもグリルレスキッチンというプランがあるらしいです

これも、住んでから知ったのですが、リクシルにも魚焼きグリルのついていない「グリルレスキッチン」というプランがあるみたいです。

Aくん

付いているのが当たり前だと思っていた魚焼きグリルですが、こんなプランがあると知っていれば絶対コチラを採用していたなと思います。

LIXILのグリルレスキッチンの詳細を見る

グリルレスキッチンならグリル部分が引き出しで収納が増加

グリルレスキッチンならグリルの設置されてる部分が引き出しになっていて収納を増やせる

グリルレスキッチンならグリルの設置されてる部分が引き出しになっていて収納を増やすことが出来ます

全く使っていない無駄にしてしまっているスペースなので収納が増やせて良いことばかりです。

グリルレスキッチンなら排気口もないからスッキリ

さらに、魚焼きグリルが付いていると必ず排気口も作らないといけないので、電気コンロの上部分にグリルの排気口があります。

魚焼きグリルの排気口カバーはアルミホイルを巻いて汚れ防止をしています

この排気口のカバーは汚れ防止でアルミホイルを巻いています。

グリルレスキッチンなら排気口も無くなるのでキッチン周りがもっとスッキリとした印象に

グリルレスキッチンならこの排気口も無くなるのでキッチン周りがもっとスッキリとした印象になり、さらに掃除も排気口が邪魔にならないのでサッと拭けて楽に出来ます。

YOUTUBE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA