注文住宅や賃貸でも壁に穴を開けずにロールスクリーンやブラインドを取り付けられるテンションバーが便利すぎ!

壁に穴を開けずにロールスクリーンやブラインドを取り付けられるテンションバーが便利

注文住宅や賃貸でも、壁に穴を開けずにロールスクリーンやブラインドを取り付けられるテンションバーが便利だったのでご紹介させて頂きます。

取り付けたい部分の幅とぴったり合う既製品のロールスクリーンがなく悩んでいましたが、このテンションバーで解決しました(^^)

Aくん

YOUTUBEの動画でもまとめています

壁に穴を開けずにロールスクリーンの取り付けサムネ

取り付けたい部分の幅とぴったり合う既製品のロールスクリーンがない

我が家の取り付けたい部分

ロールスクリーンを取り付けたい1Fクローゼットの幅と高さ

我が家は1Fクローゼットの来客時の目隠しとしてロールスクリーンを取り付けたかったのですが、幅が76cmでこの幅にぴったり合う既製品のロールスクリーンはありませんでした。

つっぱりタイプのロールスクリーンは値段が高い

天井や壁に下地が入っていない場所

賃貸だけじゃなく注文住宅でも全ての場所に取り付けられるわけではないです。下地の入っていない施工ボードだけの場所は基本的にはあとから何かを取り付けたりすることは出来ません。

つっぱりタイプのロールスクリーンもあるけど

壁に穴を開けずにつっぱるタイプのロールスクリーンもありますが、普通のロールスクリーンに比べて価格は上がります。また、オーダーとなるとネットで調べた最低価格でも約9,000円でした。

テンションバーの良いところ①壁に穴を開けずに取り付けられる

テンションバーは楽天市場で購入しました

楽天市場で購入したテンションバー

 

1Fクローゼットの来客時だけの目隠しでオーダーをするのは価格が高いなと悩んでいた所、楽天市場でテンションバーを見つけました。

楽天市場でテンションバーの商品ページを見る

テンションバーの良いところ②取り付ける部分の幅より大きなロールスクリーンも取り付けられる

天井付けと正面付けどちらも対応

天井付けだと取り付けたい場所の幅より大きなロールスクリーンは取り付けられませんが、正面付けだとロールスクリーンだけを壁から出るようにすれば取り付けたい場所より幅の大きな既製品のロールスクリーンも取り付けられました

既製品のロールスクリーンはニトリで購入

ニトリで購入したロールスクリーン

ロールスクリーンはニトリで幅が80cmの物を購入しました。
ニトリは安価なロールスクリーンがカラーやサイズ、素材など種類がかなり豊富でした。

ニトリでロールスクリーンの商品ページを見る

テンションバーの良いところ③オーダーメイドより断然安い

オーダーメイドで幅76cm×高さ230cmのつっぱりタイプのロールスクリーンを買おうと思うとネットの最低価格が9,000円ぐらいで、平均は大体12,000~15,000円ほどでした。

【テンションバーとニトリのロールスクリーンの価格】

  • テンションバー→3,400円(税込)
  • ニトリのロールスクリーン→2,333円(税込)

テンションバーとニトリのロールスクリーン

テンションバーで既製品のロールスクリーンを取り付ければ合計が5,733円(税込)で済みました。オーダーでつっぱりタイプのロールスクリーンを購入するより約37%安く購入することが出来ました。

既製品のロールスクリーンはオーダーとかなりの金額差があるのでかなりお得に取り付けられました(^^)

Aくん

既製品のロールスクリーンなので高さはピッタリではない

ただ、高さは既製品なのでピッタリではないですが、来客時の目隠し用なのでこれは問題ないかなと思います。

テンションバーの取り付け方も簡単

取り付け方①

テンションバーの取り付け方1

取り付ける部分の幅より約1.5cm短くなるようにネジを緩めてテンションバーの長さを調節します。

テンションバーの取り付け方2
この時、左右どちらも均等になるように真ん中を固定して長さを調節します。目印でマスキングテープなどを貼っておくとわかりやすいです。また、黒い線を超える長さにはしてはいけません。

取り付け方②

テンションバーにロールスクリーンのブラケットと取り付け

天井付けか正面付けか用途に合わせてロールスクリーンのブラケットを取り付けます。
この時、ブラケットを取り付けるネジはテンションバーについていたネジで必ず固定します。

ブラケットのレバーが下になるように取り付け

さらに、ブラケットのレバーが下になるように取り付けます。

取り付け方③

シャフト受けをテープで壁に取り付け1

シャフト受けをテープで壁に取り付け2

シャフト受けを壁に付属のテープで取り付けます。

取り付け方④

テンションバーはレバー側から取り付け、反対側のダイヤルでしっかり固定

レバーを引いて完全に固定

シャフト受けにはテンションバーのレバー側から取り付けて、反対側でダイヤルを回して固定します。そして、レバーを引きます。

取り付け方⑤

テンションバーの裏で傾き防止部品を取り付け

最後に、裏側の両端に傾き防止用の部品を取り付けて完成です。

ロールスクリーンの取付完了で見た目もスッキリ

取り付け部分より幅の広いロールスクリーンが逆にしっかり目隠し出来ました

Aくん

正面付けだと取り付け部分より幅の大きなロールスクリーンも取り付けられ、それが逆にきちんと目隠しになってくれて良かったなと思いました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA