注文住宅の土地探しで外せなかった条件、諦めた条件、住んでみて意外と良かったこと、坂道の土地の思わぬ追加料金

注文住宅の土地探しで外せなかった条件、諦めた条件、住んでみて意外と良かったこと、坂道の土地の思わぬ追加料金

注文住宅を建てる時に、我が家の場合、条件に合う土地がなかなか見つからなくて1番辛かったことでした。その土地の外せなかった条件や、諦めた条件などをご紹介させて頂きます。

Aくん

我が家は土地探しに1年半かかって諦めかけた時に希望の条件を満たしてくれる土地と出会うことが出来ました。

注文住宅の正面の広く取れた庭と外観

土地探しの外せなかった条件①奥さんの実家から近いこと

育児のことでもいろいろ助けてもらえる

我が家の場合、これが1番の理由だったのですが、奥さんの両親が日頃から、かなり助けてもらえています。特に子供が生まれてから育児のことでもすごくお世話になっています。我が家は自動車をまだ持っていないのですが、奥さんの実家の車をよく貸してもらえたりもしています。

奥さんも自分の親だと頼りやすい

やっぱり、奥さん的にも自分の親だと気兼ねなく頼ることも出来るので子育ての息抜きなどもしやすい環境になっています。

土地探しの外せなかった条件②土地鑑がある場所

奥さんの実家から近いことと同じですが、住む前からある程度、周辺の地域の情報を知ることが出来ます

土地の様々な情報を知りやすい

全く知らない土地だと、家を建てたい土地の周りの環境が住む前と住んでからでかなりの差が出てしまうこともあると思います。

同じ土地でも、平日と土日祝、昼間と夜とではかなりの環境の差があると思います。この情報を全て知ろうと思うと、全ての時間でその周辺地域を歩いたり見学しに行かないといけません。

Aくん

奥さんの実家近くだと奥さんが知っている情報はもちろん、奥さんの両親の地域の知人からの情報などももらうことが出来るので、住んでからのギャップはほとんどありませんでした。

近所の病院やお店の評判も知っている

これは、住んでいけばわかってくることではありますが、ご近所の関係性や、雰囲気だけでなく、病院やお店の評判なども事前にわかっているので、特に病院の評判などは知れていて良かったと思います。

土地探しの外せなかった条件③坂の上ではない土地

坂の多い土地柄

奥さんの実家付近は坂の多い地域になります。奥さんの実家も坂の上にあるので、毎日の登下校や買い物などすごく大変だったみたいです。

我が家も坂の土地ですが、まだほとんど登らない場所にあるので、坂道の不満はほとんどない土地に家を建てることが出来ました。

住んでみてから考えても、子供の送り迎えや買い物などいろんなことが坂の上だと大変さがかなり上がっていたと思います。

土地探しの外せなかった条件④30坪以上

広さよりも環境が大事

我が家は結果的には条件の合う50坪の土地を見つけることが出来ましたが、広さは、諦めようかと思っていた条件の1つです。

土地の広さも重要ですが、それよりも周辺の環境を大事にした方が居心地のいい家にすることが出来ると思います。

土地探しの諦めた条件①駅近

最寄りの駅まで自転車で12分~15分ぐらい、徒歩だと30分ぐらいの距離の土地になりました。やっぱり駅近だと

土地探しの諦めた条件②予算オーバー

我が家の土地探しの予算

予算は1200万~1300万円ぐらいでした。

今の土地が50坪で1600万円だったので、40坪ぐらいだとちょうど予算内に収まりましたが、希望の広さと値段がどちらも合う土地はなかなかありませんでした。

住んでみて土地の意外と良かったこと:学校や工場の近くの土地

土日祝日が静か

何の工場かにもよりますが、学校も工場も平日の昼間以外は人がいなくなるので土日祝日や夜間がすごく静かです。学校は昼間も声が響いたりするのは休み時間などの短時間だけです。

何の工場かによって音がどれぐらい出るかはわからないですが、匂いとかが出る工場はNGです。

Aくん

気を使うご近所が少ない

隣に学校と工場があるので、ウッドデッキでBBQをしたりする時に気を使わないといけないご近所が数軒だけです。これがもっと住宅の密集した場所だと匂いが出たり、声が響く屋外のBBQやプール遊びなども気を使わないといけないかなと思います。

Aくん

特にBBQは洗濯物に匂いが付いてしまったりするので要注意です。

坂道の土地の思いがけない追加費用

擁壁が古く、深基礎工事が必要でした

坂道の土地の古くなった擁壁2

坂道の土地の古くなった擁壁1

我が家も坂道にあるのでコンクリートの擁壁の上に家が建っています。

この擁壁は、以前からずっとある物なので見た目にも結構古さを感じます。

家の裏を広くするか、正面の庭を広くするか決めました

家を建てる前の設計の段階で耐震調査で擁壁が古いことが引っ掛かりました。

注文住宅の裏側は深基礎工事を行いギリギリまで狭く

深基礎工事をしない場合は、家の裏側をもっと広くしないといけなかったのですが、我が家は深基礎工事を行い、家の裏側はギリギリまで狭く、正面の庭を広くしました。

注文住宅の正面は裏側を深基礎工事を行って狭くしたので広く取れた庭

家の裏側を深基礎工事で狭くしたので広く取れた駐車場

Aくん

深基礎工事をしなかったら、家の裏側を広くしても耐震に対して心配が残っていたので、結果、正面も広く出来て心配もなくせたので工事は行って良かったです。

深基礎工事の費用

深基礎工事で発生した追加費用は36万2千円でした。

急な出費は痛かったですが、耐震への心配も少なくなるので深基礎工事は行って良かったです。

YOUTUBE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA