注文住宅の庭の天然芝の剥がし方、天然芝の処分の仕方。天然芝のデメリット。

注文住宅の庭で育てていた天然芝の剥がし方。処分の仕方。

こんにちは。今回は、我が家の庭に作っていた天然芝の広場を天然芝を全て剥がして人工芝を敷くことにしたので天然芝の剥がす工程をご紹介します。

Aくん

自然な風合いが楽しめて、季節の移り変わりも感じられる天然芝ですが、我が家の目的には合わなかったので人工芝に変更することにしました。

天然芝の後悔点①:全体にキレイに育てることが難しい

まだらに薄い部分があり、天然芝を全体に綺麗に育てるのは難しい

最初から隙間なくびっしりと芝を植えているとまた違うのかもしれないですが、フェンスや化粧ブロックの影になっている部分やところどころ芝の生えない薄い部分があります。全体にキレイに育てるのが難しいです。

ご近所でもキレイな芝のお家もあるのですが、どんなメンテナンスをしているのか知りたいです(^^;)

Aくん

天然芝の後悔点②:雑草や芝刈りの手入れ、メンテナンスがかなり大変

夏場は週1で雑草を抜いたり、芝刈りをしないとすぐにメンテナンスが必要になる

春~夏にかけては芝はもちろん、雑草の成長速度もすごいです。抜いても抜いてもすぐに生えてきて、芝刈りや雑草抜きをしなくてはいけないです。

Aくん

夏場はキレイな状態を維持しようと思うと週1は必ずメンテナンスをしないといけないかなという感じでした。

天然芝の後悔点③:危険な虫や蜘蛛が多く発生して子供を裸足で遊ばせられない

我が家の庭の芝に関しての目的の1つが子供が生まれたら庭の芝で裸足で遊ばせたいなと思っていました。

ただ、天然芝は思ってた以上に虫が多いです。アリやダンゴムシなら良いのですが、毛虫やムカデ、蜘蛛など危険な虫も多くいます。

かといって害虫駆除などの薬を使っても子供を遊ばせることが出来なくなってしまうので人工芝に変えることにしました。

天然芝の剥がし方①:スコップで部分的にカットしていく

芝は一面が絨毯みたい

天然芝は部分的にスコップでカットしていきます

天然芝は部分的にカットしないと全て絨毯のようにつながっています

芝はその一面が全てつながっているような感じになるので、スコップで部分的にカットしていきます。

スコップを芝に垂直に差し込んでブロック型にカットしていきました。

カットせずに剥がすと本当に絨毯のように全て繋がって剥がれると思います。

Aくん

天然芝の剥がし方②:深く根付いている部分はスコップでカット

芝はかなり深く根付いています

天然芝はかなり根付いているのでスコップで根もカットします

元気に育っている部分の芝はかなり深く、地面に根付いているので手で引っこ抜いたりは難しいのでここもスコップで根をカットしながら剥がしていきます。

天然芝は処分が1番大変かも

天然芝を全て剥がし終わった我が家の庭

剥がし終わった天然芝。積み上げるとすごい量

我が家の庭は2m×7mぐらいの広さですが、剥がした芝を積み上げてみると思っていた以上の量でした。

土を落とす

芝は剥がすとかなりの量の土も一緒についてきます。剥がし立ては土も湿っていてうまく落ちてくれないので1~2日乾燥させてよく土を落とします

処分方法は各自治体に確認が必要かも

土を落とした芝は普通ごみで出すことも出来ますが、地域によって違う可能性もあるので、住んでいる自治体に確認した方がいいです。

Aくん

量が多すぎると、また変わってくる可能性もあります。

YOUTUBE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA